スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M-1の感想を今さら・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081223-00000037-sanspo-ent

観ました。観ました。
年に1度のお祭りだから。

紳介さんも言ってましたが
ファイナルに進出してくるレベルの人になるとあとは好みの問題なのかもしれないですね。

僕は漫才スタイルとしてはベタなナイツが好き。
だけど昨日の決勝を観た感じだとオードリーだと思ったんだけどな。
ネタも空気も良かった。


最近の漫才の評価のポイントが
「スピード」と「手数=笑いのポイント」に移ってる気がする、特に最近のM-1。
「笑い飯」「ノンスタイル」「キングコング」が受けが良いのはその理由かなぁって。


けど僕個人的には(あくまで好き嫌いの問題だから)
漫才は「間」とか「空気感」とかも重要なネタだと思うのですよ。
ってことで「ナイツ」が好きだったり、
ファイナルには来なかったけど「アジアン」とか「天津」も好きだなぁ。
本当のしゃべくり漫才を彼らはしてくれるから。


もう1つ。
大阪の人はスピード漫才が好きな傾向にある気がする。僕もですが。
キングコングとかノンスタイルとか、僕も嫌いじゃないけど、
東京の人にはいまいちウケが悪かったりする。
「早口で良くわからん」と。

審査委員が大阪寄りの人が多いのが気になるなぁと。
スピード感と手数にどうしても高評価を付けてしまいそうだから。
せめて東京・大阪半分ずつくらいの審査員構成にしてくれたらもっと公正になるかと。
おぎやはぎとかPOISON GIRL BAND面白いのに点数がつかないのってそこにも理由が。。。って。


まーまー終わった後は何とでも言えますよ。
けど、とにかくファイナルに進んだ8組+敗者復活組みは立派です。
あそこまで勝ち残っている時点で勝者だと思うな。
あ、ザ・パンチも含めて(笑)


彼らをリスペクトしつつ、
来年もなるべく沢山の劇場通いをしたいと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぐっさん

Author:ぐっさん
パト論へようこそ。

息を吸って吐くことが呼吸。
情報も吸い込むだけでなく吐き出さないと息苦しくなります。このブログの場を使い、呼吸が出来るようになることが僕の目標です。

写真のヒツジは私の見た目とは関係ありません。ただ私がヒツジを好きというだけです。

FC2カウンター
最近の記事
Categories...B

openclose

おすすめ
月別アーカイブ

Plug-in byまる。hi

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。