スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M-1最終決戦前夜

歴代M-1大会ネタで、もう一度見たい決勝ネタは?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101224-00000330-oric-ent

こんな記事が出るなんてM-1も国民行事になったものだ。
ヤラセだのなんだのと批判されたりするが、それも注目されている証拠。
この大会が今年で終わるのは残念。
テレビに出てこないけど本当は面白い芸人さんの売れるための道は別に作ってあげて欲しい。

さて、
決勝戦も近いしということで、改めて知識の整理のために読書。

【送料無料】M-1戦国史

【送料無料】M-1戦国史

価格:777円(税込、送料別)


楽天ブックス:【送料無料】M-1戦国史
アマゾン:M-1戦国史 (メディアファクトリー新書)



以下、簡単に感想をまとめると。

やっぱりだけど、
漫才を「戦い」にするのは画期的なことだと思う。
笑いのツボなんて人それぞれだし。
それに勝敗をつけるなんてスゴイこと。

残念だけど、
予選での事務所や放送局の想いのそれなりの反映は仕方ないんだろうなと。
それは予選をナマで観ていて感じた。
つまり、その場の漫才の面白さで判定されているとは到底思えない結果をたまに見せられたから。

ただし、
本書にあるように予選も興行であることを考えると、一人の観客としてそれがダメだとは思わない。
事務所が一押しの芸人を出来る限り沢山のお客さんに見てもらいたいとかあるんだろう。
(要は、漫才がたとえ下手でも客が見たいと思っている芸人さんを勝ち進ませることはあると。)
ダメだとは思わない理由は明確。
それは、結果としてこの大会が10回大会まで成功裏に続いているから。



僕は女性の優勝か外国人の優勝を見たいな。
なんてことを予選を4回見て思ったんだけど、叶わないまま終わるみたい。残念!
関連記事

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぐっさん

Author:ぐっさん
パト論へようこそ。

息を吸って吐くことが呼吸。
情報も吸い込むだけでなく吐き出さないと息苦しくなります。このブログの場を使い、呼吸が出来るようになることが僕の目標です。

写真のヒツジは私の見た目とは関係ありません。ただ私がヒツジを好きというだけです。

FC2カウンター
最近の記事
Categories...B

openclose

おすすめ
月別アーカイブ

Plug-in byまる。hi

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。