スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サバイバーズクラブ(ベン・シャーウッド)

思いがけない災難に巻きこまれたとき、冷静に行動して生き延びる人がいる一方、不幸にも命を落としてしまう人がいるのはなぜか? 生死を分かつものとは、果たして偶然や「運」だけなのか?

どんな事故でも、助かったはずなのに命を落としてしまう人がいるかと思うと、生存が絶望視される状況にあっても生還する人がいる。そんな生還者たちの共通点を見いだすべく、飛行機事故やフェリー沈没事故で九死に一生を得た人、事故で心停止に陥りながら奇跡的に回復した人など、実際に起きた事故の当事者を丹念に取材し、「サバイバーたちの秘密」を探っていく。

だれもが「サバイバー」になれる……一人ひとりが「生き延びる確率」を高めるため、今日から実行できる知恵も満載した、迫真のドキュメンタリー。

【奇跡の生還者たち】
● ユーゴスラビア航空364便が爆発で空中分解、1万メートルの高さから落下して生き延び、社会復帰した女性。
● マッハ1超のジェット機から海面すれすれで射出され、人間が耐えられるはずのないG力の衝撃を生き延びた男。
● 自転車で21トントラックにはねられ、全身の骨が折れ大動脈切断、二度の心停止、生存確率ゼロ判定から生還した女性。
● ハーレーで救急車に激突、深刻な脳損傷で26日間意識不明だったが、妻と仲間の祈りが届き、奇跡的に回復した元警察官。
● ハイウェイを運転中、橋上から硫酸のびんを投げつけられ、胸は崩れ、顔の75%を焼かれ、再建に15回手術を受けた後、社会復帰した女性。
● クルーズ船から落ちて気を失い、だれにも気づかれずに17時間、海で1人、助けを待ちつづけ、生還を果たした男性。
● 93年と01年の二度のワールド・トレード・センターのテロ攻撃に遭い、9・11では、81階からただ1人、生還した男性。



○つらいことから立ち直れる人とそうでない人がいる。それには「遺伝」も影響している。
○飛行機事故に遭遇してもほとんどの確率で死亡事故にはならない。
○信仰により奇跡的な生還を果たすこともある。

こういったことが、実例を交えて、そして検証を交えて描かれています。
(信じられないんですけどね。納得させられますよ)
時に想像するだけで「痛い!」と思わせるようなケースも取り上げてます。

ここに書かれている奇跡の生還者を見ただけでも読みたいと思わされませんか?
僕はまさにそう思わされて読みました。
きっとこの本を手に取ったことで生き延びる確率が高まること間違いない!

なーんて。

ただ、こういう本でありがちだと思うのですが、
生き残った人は取り上げているのだが、同じような行動で生き残れなかった人もいるはずなのに、
そこにはそれほど焦点を当てていないような気はします。
まーあくまで読み物として書かれた本だと思うので、
そんなことは気にすることでもないんでしょうけどね。



こういう本もあるんですね。中身は一緒かな??


この記事を読み終わったらクリックして下さい★
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

ぐっさん

Author:ぐっさん
パト論へようこそ。

息を吸って吐くことが呼吸。
情報も吸い込むだけでなく吐き出さないと息苦しくなります。このブログの場を使い、呼吸が出来るようになることが僕の目標です。

写真のヒツジは私の見た目とは関係ありません。ただ私がヒツジを好きというだけです。

FC2カウンター
最近の記事
Categories...B

openclose

おすすめ
月別アーカイブ

Plug-in byまる。hi

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。