スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常が戻ってくる恐怖

おかしなコトだけど。
3月11日以来失っていた「日常」が帰ってくることに恐怖を覚えている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110420-00000105-mai-bus_all
<東日本大震災>関連倒産15社に 九州などにも拡大

震災の影響がじわじわと表面に出てくるのはこれからなのに・・・

今朝、自宅最寄り駅のエスカレーターが動いていた。
昨日までは確かに節電のためストップしていたエスカレーター。
面倒だなと思いながらも、「非常時」だと自分に言い聞かせ納得していた。
「非常時」の身近な象徴だった、最後の砦だった、「止まったエスカレーター」が動いていた。

毎日確認していた東京電力の今日の電力使用状況。
それを見て自分に課す節電タスクの軽重が決まっていた。
毎日確認していた被災地の避難している人たちの声。
それを見てどの団体に募金するか決めていた。
毎日確認していたスーパーのモノの値段。
それを見て主食を何にするかを決めていた。

今はどれも確認していない。
確認しなくても支障がないし、
確認しなくても日々の生活に不便はないと気づいたから。
密かに「日常」は自分の身近に来ていたのかもしれない。

が、駅のエスカレーターが辛うじて「非常時」を認識させてくれていた。
そのエスカレーターが動いていたことで、
僕に「非常時」を感じさせるものが消滅したことになる。

それによる恐怖。
多くの命、モノが犠牲になった事実を忘れていくこと。
まだたくさんの人が非常時として不自由に暮らしている事実を忘れていくこと。
復興までに数十年かかるかもしれないという環境下で
長期的に貢献しようという意志を忘れること。
復興活動をしている人を覚めた目で、完全なる第三者として見てしまうこと。
「自分が復興のために協力できること」を考えないようになってしまうこと。


日本の経済活動を無駄に停滞させないために
必要以上に自粛せず日常に戻り、通常の消費活動をすることが大切だとは分かっている。

だけど、
働き方、価値観、生き方、今後の日本のあり方・・・
いろいろなモノの変化の転機になるかもしれないと、
そう感じていた「3月11日以降の出来事」へのリアルな感情を忘れてしまい、
結局は何も変わらない日常に戻ってしまうことも怖い。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

街場のメディア論(内田 樹)


楽天ブックスはこちら→【送料無料】街場のメディア論
アマゾンはこちら→街場のメディア論 (光文社新書)


3月11日を機にメディアに対する考え方が変わった。
それまでも世の中に変わる潮流は出来ていたとは思う。
ただ、マスメディアはそれを認め辛かったはず。
自分で自分の首をしめることになるから。
しかし、この日を境に誰もが認めざるを得なくなったのだろう。

しかし、なぜマスメディアはダメになったのか。
「なんとなくそう感じる」とは言えるけど、それ以上にロジック立てて説明できなかった。
ネットが台頭してきたから、新聞の情報はネットでも見ることはできるから・・・
説明としては十分とは言えない物しか僕の頭では考えられない。
要は、これ自体もマスコミの受け売りの理論。
そのもどかしい部分を整理するために、この本はうってつけです。

本書の中で特になるほどと思ったこと。
--------------------------------------------------------
●変化のみを切望するのがマスメディア
 「社会制度は絶えず変化しなければならない。
  それがどう変化すべきかは市場が教える」 がマスメディアの考えの根にあるものだと。
 
 なぜなら、変化する→皆が情報を求める→メディア購入者が増えるということにつながるから。
 「変わらないでいい」と訴えるマスメディアが存在しないことその証拠の1つだと著者は言う。 

 たとえば教育の世界。
 これは変化(市場原理)のそぐわない領域。
 毎年ころころと制度や内容が変わることは好ましいわけがない。
 
 実際は、「自分で考えること」を求めてゆとりある教育制度を求めてみたり、
 試験スコアが世界レベルで下がるとみるや「脱ゆとり教育」を求めてみる。
 それがマスコミ。そして、それを鵜呑みにする我々。 

●世論を代表していると思っているだけのマスメディア 
 世論=誰でも言いそうなこと
 だから、誰も証明しようとしない(自説に命をかけることはしない)し、
 誰もが言うはずのことだから味方が多い分、攻撃的で粗雑な論調になるの。 

 自民党に対して批判していた内容と
 民主党に対して批判している内容とのレベルが同じ
 (些細な金銭トラブル、議員が移動中に寝た というレベル)からもなるほどと思う。

●自分達の存在理由を証明出来ないマスメディア
 自分達の存在感が低下している理由を
 ネットの存在の高まりや制作費が少ないことを理由にし、
 根本的に自分達の発信している情報にどのような価値があるかを考えていない。
 
 「ブログやtwitterがある。だけどテレビ/新聞が必要なんだ」
 と身を持って証明しようと頭をひねり訴えることをしているテレビ局なんてないです、確かに。

-------------------------------------------------------------

★注意
これらは当然にしてソーシャルやミドルメディアにもあてはまること。
今、ようやくその価値が社会的にも認められた。
しかしこれに甘んじて自身の存在理由を考えなくなったり、
提供する情報が今のマスメディア然としたものに凋落すれば
たどる道は同じになるのだと。

つまり、情報の媒体が何であるのかということ(マスかネットか など)が問題ではなく
全てのメディアに共通する。
--------------------------------------------------------------



従来のマス(テレビや新聞など)のみを頼りにする生活から
ソーシャルメディア(twitterやfacebook)やミドルメディア(ブログ)などに
シフトしても問題なく生活できるのだと気づいた人が多いのではないだろうか。

一方で、ソーシャルやミドルメディアに頼る際には、
その情報受領者に一定の判断力や知識が必要でもあります。
実際にデマや誤情報がtwitterなどを経由して出回ったことからも分かります。

我々が面白おかしいデマや、見ていてつまらない芸能ニュースしか
求めない知的レベルにとどまれば、
ソーシャルメディアもミドルメディアもそういった情報が占めるようになるんだろう。
我々が高い知的レベル、好奇心を持ってこれらの新興メディアに接するならば、
それに応えられるメディアとしてさらに進化していくのであろう。


メディア論を整理するのにはうってつけの良書だと思います。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

ぐっさん

Author:ぐっさん
パト論へようこそ。

息を吸って吐くことが呼吸。
情報も吸い込むだけでなく吐き出さないと息苦しくなります。このブログの場を使い、呼吸が出来るようになることが僕の目標です。

写真のヒツジは私の見た目とは関係ありません。ただ私がヒツジを好きというだけです。

FC2カウンター
最近の記事
Categories...B

openclose

おすすめ
月別アーカイブ

Plug-in byまる。hi

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。