スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の訪れ@後楽園


天気の良かった土曜日。
後楽園で散歩。

気疲れした1週間の自分を癒すために選んだ場所。
それは都会の中の自然溢れる場所。

自然の脅威に疲れ果てて、
癒される場所は自然溢れる場所。
矛盾?
いや、結局人間は自然の一部だからそんなもんなのか。



自然は恐ろしいもの。
だけど自然を愛おしく感じるのも事実。

梅を見て美しさにため息が出るし、
桜のつぼみを見て近くまで来ている春にうきうきする。

心穏やかな日が、
少しでも早く訪れますように。
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

読書について(ショウペンハウエル著)

多読がモットーだった2010年。
2011年のモットーに影響を及ぼすだろう書物。

【送料無料】読書について改版

【送料無料】読書について改版
価格:567円(税込、送料別)


楽天ブックスはこちら→【送料無料】読書について改版
アマゾンはこちら→読書について 他二篇 (岩波文庫)


頭をガツンガツンと何度も殴られました。


読書は、他人にものを考えてもらうことである。
本を読む我々は、他人の考えた過程を反復的にたどるにすぎない。

熟慮を重ねることによってのみ、
読まれたものは、真に読者のものとなる。


文字を追っていく作業が読書ではない。
読みきることが読書の目的ではない。
読書を通して作者の体験を追体験することが読書に求めること。
追体験の目的は自分の今後の思想や行動に生かすこと。
その本質を忘れてしまっている。
アウトプットはどうするか、それが問題。


努めて古人を読むべし。
真に古人の名に値する古人を読むべし。
今人の古人を語る言葉、
さらに意味なし。


「サルでも分かる・・・」なんて解説本が出回る現代。
分かりやすいものに手を伸ばしたくなる気持ちは抑える。
昨日の情熱大陸の数学者も言ってたけど、
「難しいものは、難しいものだと認めたうえで理解する」
ことが大切かもしれない。

解説本には訳者の独自解釈が加わってしまって、
それだと純粋に原作者が伝えたいものが抜けてしまっているかもしれない。
原著だと理解できないことがあったとしても
それはそういうものだと我々が納得し、
次に読むときには理解出来る様に努力することが大切なのか。

重要な書物はいかなるものでも、
続けて二度読むべきである。


2度目の読書体験は
結論や論理構成を知っているからこそ本質を抑えた読書が出来る。
1度目の読書体験だと、
書いてあること自体(文書の意味)理解に終始するが、
2度目の読書体験で、
書いてあることの背景や行間まで読み解くことが出来る。

最近は避けていた古典。
少し頑張って読むことにします。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

ぐっさん

Author:ぐっさん
パト論へようこそ。

息を吸って吐くことが呼吸。
情報も吸い込むだけでなく吐き出さないと息苦しくなります。このブログの場を使い、呼吸が出来るようになることが僕の目標です。

写真のヒツジは私の見た目とは関係ありません。ただ私がヒツジを好きというだけです。

FC2カウンター
最近の記事
Categories...B

openclose

おすすめ
月別アーカイブ

Plug-in byまる。hi

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。