スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【観たコレ】太平洋の奇跡

「太平洋の奇跡」公開翌日に観ました。


《ストーリー》
太平洋戦争の末期。陸軍歩兵第18連隊の大場大尉は、日本から2000キロ離れたサイパンへ送られる。彼は軍から離れて戦う一等兵の堀内と共同戦線を張り、アメリカ軍を翻弄していく。神出鬼没の彼らは“フォックス“と呼ばれ、アメリカ軍はついに大掃討作戦に出る。(ぴあより引用)

内容については置いておく。
興味深く感じたのは、
日本人はなぜ自殺するのだとアメリカ軍が頭を悩まされること。
映画の中ではそこを「将棋の駒」を使って上手く説明してました。


将棋では、
自分が取られた駒は取った敵方の戦力となって自分に向けて攻めてくる。
日本人は自分が相手に捕虜にされ、天皇を攻める側に回るくらいなら、
自分で自分の命を殺めることを選択するんだという説明をしてました。


僕が見ていて、
・捕虜になり今の主人(戦時中なら天皇)に迷惑をかけるくらいなら自殺する
(日本側の考え方)
か、
・生きていればラッキーだからとにかく生きる
(アメリカ側の考え方)
のどちらが納得出来るか考えたとき、日本側だと。
一緒に見に行った嫁も日本側だと言ってました。

戦後教育の中で、「生きて虜囚の・・・」なことを教わったわけでもないし、
「生きることのすばらしさ」「命の大切さ」を学んできたのに。

これがもしかしたら「武士道」に代表される
教育を通してではなく日々の生活や家庭での教えの中に息づいている
日本的な倫理観なのかと思ってしまいます。

果たしてそうなのか。
ということで

【送料無料】武士道

【送料無料】武士道
価格:520円(税込、送料別)


楽天ブックスはこちら→【送料無料】武士道
アマゾンはこちら→武士道―人に勝ち、自分に克つ強靭な精神力を鍛える 知的生きかた文庫
を再読してみます。

20代後半から30代前半の身近な知人は日本的考え方が理解しやすい
とは言ってたものの今の若い子達はどうなんだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

今年のバレンタインデー報告

意味もなくソワソワドキドキする日。
それが若かりし日のバレンタイン。

思いもしなかった人に告白されるんじゃないか? とか。
見知らぬ人にチョコを渡されるんじゃないか? とか。
そんな妄想も今や昔。

なんとなくもらえる人は想定出来てしまう大人なバレンタイン。

チョコ
これは前職でお世話になった子から。
(あ、そぷが写りこみ!)


PM-- 3
これは母親から。
ピエールマルコリーニ初体験★


ケーキ ワッフル 
これは奥様から。
和菓子と洋菓子を自由に選ばせてもらいました。


いただけることに感謝感謝。



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

ぐっさん

Author:ぐっさん
パト論へようこそ。

息を吸って吐くことが呼吸。
情報も吸い込むだけでなく吐き出さないと息苦しくなります。このブログの場を使い、呼吸が出来るようになることが僕の目標です。

写真のヒツジは私の見た目とは関係ありません。ただ私がヒツジを好きというだけです。

FC2カウンター
最近の記事
Categories...B

openclose

おすすめ
月別アーカイブ

Plug-in byまる。hi

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。