スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「祖にして野だが卑ではない」ですか…

「粗にして野だが卑ではない」

最近2度見た言葉です。
1度目は本のタイトル:【送料無料】粗にして野だが卑ではない
2度目は松本復興相の辞任会見

本というのは財界人から初めて任命された国鉄総裁 石田禮助の話
漁師の家に生まれて三井物産社長を経て国鉄に。

総裁は公職だからと報酬は受け取らず、
国会対応も歯に衣着せぬ直球の物言い。
国民から人気が出て、一部の国会議員からも評価された人物。
まさに本のタイトルを地で行く人物だと本からも感じられる。


一方で松本前大臣。
養祖父・父親が政治家で実業家。
2008年の議員所得公開では全議員のトップ。
誰から人気があったのか未だに不明。
粗にして野だけど・・・ねぇ。(その後は続かんよ)

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

三島由紀夫は苦手でしたが、克服できるかもしれません。

三島由紀夫と楯の会事件
楯の会事件とは、言わずと知れた三島由紀夫が自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自殺を図った事件。
その事件の真相を追いかけて書き上げられたルポ。


三島由紀夫に対して、それまで僕の中では良い感情はなかった。
文書から、行間から、感じられるナルシストぶり。
知性を感じさせようとする風体。
それが苦手。というか嫌いだった。

本書は、当たり前だが彼以外の人が彼について述べている。
その思想や行動について。


三島由紀夫は言っている
 人間は汚れている。
 汚れている中で相対的にいいものをやろうというのが民主主義なんだ。 

三島由紀夫は言っている
 言論の底に血がにじんでいるのを忘れたときに
 言論は偽善と嘘に堕落する。


高度成長期真っ只中、
順調に先進国への仲間入りを果たそうとしている時代の流れの中なのに、
何故にこれほどまでに危機感を感じていたのか不思議でならない。
いや、やっぱり理解できない。

彼の思想を理解出来るほど僕は知的ではないし、
彼の行動力を実現できるほどに僕の肉体は鍛錬されていない。
だからかもしれない。


だけど、
一国の総理を身内の(元)盟友が「ペテン師」だと公言してしまう日本。
口約束した(と言われている)ことをピンチを乗り越えた時点で覆してしまう人が首相の日本。
事故から数ヶ月経って隠された原発事故データを公表し始める電力会社。
・・・
・・・
書ききれないほどの嫌気の指すニュース。
(若干、イエモンのJAMの歌詞っぽいwww)


さすがに、この状況下では危機感を感じざるを得ない。
年金は老後にもらえるのか?というレベルでは收まりきらない危機感。
たぶん僕だけじゃないはず。


日本人は黙って我慢しているのか。
それとも、諦めてしまっているのか。

「大衆」はなぜ行動しないんだろう。
と、三島由紀夫が存命であれば怒るのではないか。

きっと怒られても、僕は行動には移せないけど。
自分の日常生活が大きく侵されていない限りは。
そう、「大きく侵されない限りは」という条件付き。


いま、この条件を満たすことが起きてるのです、僕の周辺で。
いや、起きていないのか?起きていると勝手に思っているのかも。

だからひとりこっそり行動中。



【送料無料】三島由紀夫と楯の会事件

【送料無料】三島由紀夫と楯の会事件
価格:700円(税込、送料別)

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

プロフィール

ぐっさん

Author:ぐっさん
パト論へようこそ。

息を吸って吐くことが呼吸。
情報も吸い込むだけでなく吐き出さないと息苦しくなります。このブログの場を使い、呼吸が出来るようになることが僕の目標です。

写真のヒツジは私の見た目とは関係ありません。ただ私がヒツジを好きというだけです。

FC2カウンター
最近の記事
Categories...B

openclose

おすすめ
月別アーカイブ

Plug-in byまる。hi

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。